中古ドメイン:前サイトのジャンルは気にした方が良いのか

私は最近のサイトはほとんど中古ドメインで作っています。

中古ドメインを探すときは、まず最初に以下の要素を確認します。

  1. ページランク
  2. バックリンク(被リンク)数
  3. バックリンク元のドメイン数
  4. ドメインの取得年月

としています。

この条件に合うものが見つかるまで基本的には取りません。

ただ、急いでサイトを仕込みたい時などは、ページランクが低いだけども運営の歴史が古いものがあれば、取得しています。

 

これは量的評価指標ですが、もう1つの観点として質的評価指標も持っています。

それは、そのドメインで以前にどんなサイトが運営されていたかです。

所謂、「ジャンル」の考え方です。

ドメイン名を見るとある程度想像がついたりするのですが、そのドメインが以前はアダルトサイトやオンラインゲームの用途で使われていたりします。

バックリンクは似たようなサイトから入っていることが多いため、例えば、アダルト関係のドメインを取ってしまうと、アダルト関係のドメインからたくさんリンクが入っていると思います。

個人的な予想ですが、Googleはバックリンクは送付元のページランクやリンク本数以外にも、関係するページからのリンクかどうかを見ていると思います。そして、共通するキーワードが多い場合にその被リンクを評価する。と思っています。

とは言え、じゃあ英語で構築されていたドメインを拾って日本語サイトを作ったら、言語が違うからキーワードで判別できないだろう。効果はゼロになると言うのか?

と突っ込まれそうですので弁解しておくと、ずれていてもまあ多少効力が弱まるだけで、そんなに問題はないかとは思っています。

あくまで、お守りという位置付けです。

 

このあたりは神(Google)のみぞ知る世界だと思いますが、今回たまたま以前、アメリカのカーテン業者が使っていたドメインを拾ったので、

ここに、カーテン通販情報のサイトを作ってみることにしました。

 

ただやはり、一般的に扱いが難しいジャンル(アダルト・賭博・宗教・戦争など)ばかりからリンクが入っていると、Gggole側から何かフィルタがかかるような気がしています。

よって、一応以前どのようなサイトが作られていたかはきちんとチェックして、健全なジャンルのドメインのみを作るようにしています。

また、私が運営するサイトの中には一部、成人向けコンテンツが入ったバックリンクサイトがありますが、健全なサイトにはそこからリンクを送らないように注意しています。

 

その結果、私が持つサイトは2つのクラスター(固まり)に分かれています。

1つは健全なサイトのみで構築したクラスター。

もう1つは年齢制限のかかるサイトのみで構築したクラスターです。

悲しいことに、アクセス数が多く直帰率が低いのは後者となっています。

そういったコンテンツはやはり需要が旺盛なのか、はたまた私の才能が駄目な方に働いているのか、それは分かりませんが、この比率を何とか正していきたいと思っています。

バックリンクサイトの記事を家族に外注する

私が取った行動は家族に記事を書いてもらうことでした。

私の母は、父も定年退職し、妹も就職してある程度順調になってきたため、手間が減りかなり暇そうにしていました。そこで、何でも良いから2つ程ブログを更新してくれ、とお願いしました。

やり方が分からないうちは結構嫌がられましたが、性能のよいノートPCを買い与え、やり方をレクチャーすると、後はあれよあれよと習得してしまい、一定の頻度で記事を書いてくれるようになりました。

1つは我家の愛犬をテーマにしているのですが、なかなか好評のようで地味にアクセス数とコメントを稼いでいるようです。
こうなってくると本人も楽しくて仕方ないらしく、更新意欲が漲ってくるようで、こちらとしても有難いです。

 

ただ、あまりにのめりこみ過ぎてしまい、わざわざ複数枚撮った写真の中から、一番気に入ったものをきちん加工して貼ったりするなどかなり本気で記事を書いてくれています。正直、バックリンクサイトなのでそこまでしなくても良いのですが…。女の人はこういったことにのめりこみやすいようですね。

また、ネットサーフィンにもはまってしまい、色々と面白い情報を拾ってきてくれるようになったためかなり助かっています。
ということで家族をうまく煽てて(?)、バックリンクサイトを運用しています。

なお、先述の通り、私には父と妹がいますが、父はタイピングが遅く、妹は文章を書くのが全く駄目なので役に立ちませんでした。

 

そういえば、国語が嫌いな人ってけっこういますよね。読むだけでも嫌で、書くとなるとなおさら拒否反応を示す人もたくさんいます。

そういう意味で、きちんと記事を書ける人っていうのは案外少ないのかも知れません。

家族の次は外注さんを探そうかと思っていたのですが、一定の文字量をきちんと書いてくれる人を見つけることは、意外に困難なのかも知れません。

うまいこと調達できないか、ちょっと考えてみることにします。

バックリンクサイトの記事の質について

SEO対策の一環として、バックリンクサイトをたくさん作っておられる方は大勢いらっしゃると思います。

ペンギン・パンダアップデートで内容の薄いサイト/サイトから発せられるリンクの評価は下げられつつあるものの、何だかんだでクローラーの通り道になりますし、アルゴリズム的にバックリンクの効果が無視されることはないため、依然としてその重要性は変わりません。

ただ、やはりバックリンクサイトの質自体が厳しく問われるようになっているので、短い文章の記事を1~5個くらい書いてサイトを作り放置しておく、というような方法ではそこから発せられるリンクの効果もほとんどないように思います。

よって、ある程度普通の人が見て違和感を覚えないレベルのサイトに仕上げてやり、定期的に記事を更新していくことが必要だと思っています。また、バックリンクサイト自体にも被リンクが付いていた方が良いでしょう。

以上のような理由から、私はバックリンクサイトを作る場合は、最初に5記事程度仕込んでやり、月1回程度で更新していくようにしています。なお、記事の文章は500~1,000文字程度になるよう心がけています。

 

月1更新ではちょっと厳しい気もしますが、頻度を保つことが困難なため「最低限」という意図でこれくらいのスパンにしています。

そう、ちょうどこのサイトの更新頻度がそれですよね。一応、このサイトもバックリンクサイトの役割を与えています。

現時点でバックリンクサイトの役割を与え、私自身が更新しているサイトの数は10になります。一応、自分の幾つかある趣味の話を書いているので、コンテンツはオリジナルですし、バックリンクサイト間で内容の重複はありません。

ただ、正直サイトの数は10では足りません。メインサイトに月5本はリンクジュースを送りたいのですが、ある程度分散させつつ自然にリンクを出していいくためには、30くらいは必要だと思っています。

正直、30でも本気の人に比べると全く持って不足しています。ただ、私は個人でやって月収20万程度を得ることを目標にしているので、それくらいあれば良いだろうと思っています。
ということで、残り20サイト分を書いてくれる人を何とか調達しなければなりません。

アフィリエイト初心者が簡単に情報を集める方法はツイッター

私が運営している別のサイトには問い合わせフォームを置いているのですが、たま~に、

「アフィリエイトについて教えてください」

といった問い合わせがくることがあります。

私自身は特に教えることなどない(人に教えれるほどのノウハウや実績がない)のでお断りしていますが、もし手っ取り早く上級者から情報を得たいのであればアフィリエイターのツイッターを見てみるのが良いと思います。

見るべき相手を探す方法ですが、

  1. Googleでアフィリエイト関連のワードで検索し、成果を上げていそうな人のブログを見つける
  2. その人がツイッターをやっている場合にツイッターのアカウントを見る(フォローしなくて良いです。フォローするとむしろブロックされる恐れがあります)
  3. その人をフォローしている人を辿りよさそうな発言をする人を見つける

 

これでレベルの高そうなアフィリエイターを見つけたら、後はツイートを拾っていけばレベルが上がっていくでしょう。

レベルの高いアフィリエイターは互いにフォローしあっていることが多く、自然に情報が集まっています。

ただ、たまに、稼ぎの核心に触れる部分は発言せずポジション取りのようなつぶやきをされることがあります(ポジトークと言います)。

本心を言っているかどうかは、ツイートを眺めていればわかりますので、ポジトークはスルーするようにしましょう。

 

これらのアフィリエイターのツイートを見ていれば、どのような方法がうまくいき、どのような方法が失敗するかがだんだんと分かってきます。

ブログを書いており、記事を更新した際にツイートする人もいるのでそれを眺めているだけでも大分知識がついていきます。

 

私はかれこれ半年ほどある集団(多分、レベルの高いアフィリエイター)のツイートをROMっています。

彼らは恐らくは月収1000万を超える人達だと思います(100万稼いでいるサイトが飛んだ、などの発言があるため)が、その方法論は大変参考になります。

体感ですが、この人たちのやっていることの半分でもできるようになれば月収100万くらいはすぐに到達するような気がします。

 

私もさすがに1年以上アフィリエイトをやっていて、それなりの稼ぎが得られるようになりました。

脱サラできるレベルの数値ではありませんが、これが順調に伸びていけば夢ではないと感じています。

海外出張とWIfi-ルーター(Wimax)

私の会社ではたま~に海外出張する人がいます。

弱小ITなので基本的には国内ベンダーのおこぼれを貰って生きているのですが、たまに海外のベンダーの手伝いで出張する人がいます。

その時にもって行くのが海外で使えるWifi-Routerです。

WIfi-ルーターはWimax通信にも対応しており、海外でも1日1000円程度で使えます。

1000円ときくと高そうですが、通話は無料ですし、パケットも無制限。1日中使いまくるなら申し分ないほどのパフォーマンスです。

まあ、出張期間中だけと考えるとかなりお徳でしょう。

 

私は海外出張はありませんが、出張に行った人の話を聞いているとWIfi-ルーターが欲しくなってきました。

さらに、どうせ契約するならもちろんスピードが速いものが良いです。旧来のLTEでも速度的には申し分ないのかも知れませんが、次の流れに乗る形でもWimaxがよさそうです。

Wimaxなんて私が学生の頃はまだまだ研究段階でYOSENが首都圏でサービスするとかしないとかそんなことを言っていた時代でした。

それがいまや当たり前になってきたのですから驚きです。

このブログは一応はIT屋のブログなので、通信の話題もこれからは書いていこうと思います。