2015年4月21日からGoogleがスマホ対応サイトをモバイル検索結果で優遇する

首記の話題が大変話題になっている今日この頃。

みなさんはスマホ化を進めていらっしゃいますか?

そんなことを言っているこのサイトは全くもってスマホに対応していないので、2015年4月21日以降はものすごく検索結果が下がると思います。

…とは言ったものの、おそらくいかなるワードでも上位表示していないので気にする必要はないかもなさそうですが。

レスポンシブテンプレートを全てに導入していたため手間要らず

私も複数のサイトを持っていますが、全てレスポンシブのサイトなので今回は問題なくクリアできそうです。

頑張ってhtmlで書いていたり、非レスポンシブのテンプレートを使っている方はかなり修正が大変そうですね。

私は以前の仕事である企業さんのホームページをレスポンシブ化しましたが、その際はコストの低減を考慮してスマホ専用ページは作りませんでした。結果的に今回のアップデートも乗り切れそうですし、レスポンシブのコスパの良さを改めて痛感しました。

本当に作りこみたいならきちんとスマホ化するのが良いのですが、正直一個人や小規模の会社やアフィリエイターのサイトでそこまで頑張るのはコストに見合わないと思います。

なお、友人の中古車査定系のサイトですがTCDのレスポンシブテンプレートを使っており、PCで見た時とスマホで見たときで見た目が異なります(車 売るなら中古車買取店の一括査定 下取り相場以上の金額に!?)。自分のサイトを紹介してもよかったのですが、何だか自演臭くなるので止めておきました。

じっくりと4月21日を待つ

ということで対策はできているので、あとは4月21日を待つのみです。

ミュンヘンから流れてきたツイッター情報ではパンダやペンギンよりもインパクトが大きいと書かれていましたが、さてさてどうなるのでしょうか?

内部リンクの重要性について

私がサイトを作る時のアフィリエイトリンクの貼り方ですが、基本的にアフィリエイトリンクを貼るページは、1ページ程度にしています。

サイトのトップページにはストーリーを書いておき、その文章の後にアフィリエイトリンクのあるページへの誘導を出しています。

正直、アフィリエイト報酬を得るために必要な要素で言うとこの2ページ(トップページとアフィリエイトリンクページ)で事足ります。

もしくは、トップページにアフィリエイトリンクを貼ってやれば、それこそトップページだけで成立します。世に言う、ペラページというものですね。

 

ただ、これだけでは結局売り上げには繋がりにくいです。

と言うのも、高々ページが2つしかないサイトはGoogleから評価されず、検索上位に来ません。

やはり、サイト自体のボリュームがあることが大切であり、数十~数百というページを持つサイトに仕上げて初めて、検索上位を維持できるようになります。

この時、ユーザは検索した結果、トップページやアフィリエイトリンクページ以外の個別ページからサイトに入ってきます。

個別ページだけ見て離脱されても意味がないわけでは、ユーザにはサイト内を色々と巡回してもらった上で、アフィリエイトリンクページに到達してもらわないといけません。

 

よって、いかにしてサイト内を巡回し易い仕組みにするかが鍵ですが、その答えが内部リンクの充実になります。

例えば、記事を書いてハイ終わり、ではなくて、記事の最後に関連記事を3つ程表示して内部リンクを貼ってやることが考えられます。

もしくは、機械的に記事の末尾にするのではなく、記事の途中などか他の記事へのリンクを貼ってやることも良いでしょう。

とにかく、サイト内をユーザが移動し易いような仕組みにしてやることが大切です。

 

特に、スマートフォンやタブレット端末を利用するユーザには効果的です。

というのも、モバイルデバイスを利用してサイトを見た場合を考えて、サイトをカスタマイズすることが多いと思います。WP Touchやレスポンシブテンプレートにしている人も多いでしょう。

それらを使うと、サイドバーなどが表示されない(見えにくい)構成になるため、例えばサイドバーにカテゴリーや最新記事へのリンクを貼っていていもユーザには見えません。

私のサイトは半分くらいがレスポンシブテンプレートになっておりサイドバーが表示されておらず、他の記事へのリンクが見えないようになっていました。

その結果、モバイルデバイスからのアクセスユーザは1記事だけ見て直帰する割合が異様に多く、なかなかアフィリエイトリンクまで辿りついてくれませんでした。

 

この反省を基に、最近では余裕がある時に手動で他の記事への内部リンクを出すようにしています。

適切に内部リンクを出していれば、直帰率も少しは下がるでしょうし、関連する記事同士の行き気がしやすくなるのでユーザビリティ的にも良いです。ユーザビリティが高いサイトは評価されるので、SEO効果もあるでしょう。

外部からのリンクを集めることばかりに気が向きがちですが、そこから成果に結び付けるためには内部リンクが重要です。良く考えて色々と試行錯誤していきたいと思います。

アフィリエイト専業になることは良いことなのか?

私のような副業アフィリエイターの人は、早く稼げるようになって会社を辞めたい人も多くいると思います。

そもそも、アフィリエイトが好きな人は会社人として働くことが嫌いで自由になりたい。と思っている傾向があり、実際に稼げるようになったら会社を辞める人が多いと思います。

ただ、色々なアフィリエイターさんのブログを見ていると、その決断はかなり勇気がいると感じました。

  • サイトが全て飛んだらどうするのか?
  • アフィリエイトの規制が強まったらどうするのか?

こんなGoogleの機嫌や規制の変化を受けていつ収入が0円になるかも知れないものに、人生を絞っていも良いのか。

とても不安になります。

 

不安といれば最近最もリアルな事例が、「アフィリエイト体験談 9割は失敗だった」の9割さんの話です。

専業アフィリエイターで最近お子さんが出来たばかりですが、昨年度のペンギンアップデート以降は収入がかなり厳しくなっているそうです。

9割さんはメンタルが強そうなので何とか乗り越えようとしていますが、普通の人はこんな状況に追い込まれたら一気にどん底の気持ちになるでしょう。

9割さんの奥さんは今はつわりが大変ということで、9割さんは家事全般をされています。こんな状況ではアフィリエイトなんかできないのでは?、と感じましたが、奥さんとお子さんの面倒を見る中で妊活情報を提供するようなサイトを作り、マタニティ向けの情報を掲載していくことも考えているようです。出来る人は転んでもただでは起きないわけですね。

こんなことが平気で起こるアフィリエイト業界。専業になることは相当な勇気が要ります。

 

私も脱サラしたいと思っていますが、上記のようなことを考えてると、何だかんだで社畜というのも悪くはない気がしています。

ただ、ブラック企業に行くと死ねるので、まあまあの会社で平和に会社員をやりながらアフィリエイトをコツコツ継続するスタンスが一番良いように感じてきました。

会社の力というものはやはり偉大です。

利益を先行させずユーザへの貢献性が高いサイトを作るほうが生き残れる

アフィリエイターの目的はお金を稼ぐことですので、いかに収益性の高いサイトに仕上げるかが目的になってきます。

最も典型的なパターンは、

  • ページランクの高い中古ドメインを取得
  • ランキング形式で広告を貼る
  • 他のサイトからビッグキーワードでリンクを貼りまくる

といった流れです。

この方法は、アフィリエイトが始まった時代から変わりのない方法であり、多くの人がこの方法で収益を上げてきました。

ただ、この方法では今後は最早生き残れないでしょう。

Googleは中古ドメインのサイトをペナルティで弾き出しますし、外部リンクの効果も以前ほど効かなくなっています。

そして、この方法の最大の問題点は「未来がない」ことです。

こういったサイトは大抵はユーザのことを無視した内容になっていることが多いです。

報酬の高い順番に広告が貼られていたり、なぜそれがおすすめされるのかについて全く触れられていません。

ユーザ側も賢くなっているので、こんなやり方をしていては誰も購入してくれなくなります。

アフィリエイトだけに限りませんが、ユーザのことを考えていないサービスはいずれ利用されなくなります。

 

ユーザに役に立つ情報を提供するサイトのみが生き残る

このような背景があることから、今後はユーザ目線のコンテンツを提供しないサイトは消えていくでしょう。

ランキングサイトは依然として存在しますが、以前に比べて減っており、切り口を変える人が増えています。

最近の例だと、保険ソクラテスなどが有名です。

このサイトは保険に関して真剣に勉強したい人向けのサイトであり、保険商品の提示よりも、

保険とは何?

どうやって考えたら良い?

などのユーザが悩み知りたがっている情報の提供を第一にしています。

私の友人も妊娠初期の方に葉酸 サプリを売りたいのですが、葉酸のサプリをドカンと勧めるサイトや記事構成ではなく、妊婦の方に関する幅広い情報を提供するサイトの中でさりげなく記事を載せている、といったやり方を取っています。

あくまでも最初は「ユーザのために役立つことをする」といったモチベーションがあり、その副次的効果として収益がついてくることを考えているようです。

こういったユーザのためのサイト作りを心がける人のみが今後生き残っていくように思います。

こだわりや思いを持っている人のサイトは明らかに他のサイトと違ってきますし、そのオリジナル性をGoogleもユーザも支持します。

男性でもバストアップサプリなど女性向けの商品を扱う

私はこれまで、ASP(アフィリエイトプロバイダ)に登録して自分で良さそうなプログラムを検索し、サイトに広告を貼っていました。

ただ、最近はこのやり方はあまり効率が良くないのではないかと思い出しました。
その理由ですが…

①良さそうなプログラムを見つけるのに時間がかかる
②選んだプログラムが最近のニーズに合っていない

といったものです。

たまには、ASP(アフィリエイトプロバイダ)主催の説明会に参加して商品を紹介してもらったり、商品の訴求ポイントを聞いてみることも悪くないように感じてきました。

そこで、今回はお世話になっているアクセストレードさんのセミナーに参加してきました。
内容は女性向け商品の紹介セミナーで、ちょっと及び腰だったのですが、結果的に参加して良かったと思いました。

商品を知ることができた、というだけでなく、女性がどういった考え方で商品を購入するかなど、購買に至るまでの心理的な部分を学ぶことが出来ました。

私のような女性に縁がないアフィリエイターは女性のニーズや興味を抱くポイントから大分ずれたサイトを作ってしまう傾向があります。

特に私がハっとしたのは、

「女性はワクワクを楽しみながら物を買う」

というアドバイスでした。

果たして男性アフィリエイターはこういった視点に立って訴求ができているでしょうか?

内容が良い商品を紹介することも大事ですが、それ以上に楽しみを与え購入に至らせるためのコンテンツ構成が重要とのことでした。

このあたりは、男性の感覚とはやはり違いますね。

とりあえずは、私が好きなこともありバストアップ サプリのサイトから始めてみようと思います。バストアップに関しては「大きさ」はもちろんですが、「綺麗な形」や「美しく魅せる」という点もポイントになってきます。

何も知らない男性だとこのあたりの視点が漏れてしまうのですが、ここは女性の立場になって実情のニーズに合った提案ができるように頑張ってみようと思います。