2013年6月15日からFC2ブログがGoogleクロールされていない話

ネットサーフィンをしていて、たまたまSEO関係のブログを見たのですが、標記のような現象が起こっているようです。

2chのFC2板も見てみましたが、当該症状の人はかなり多いようで色々と問題点が議論されていました。クロールがされていないというものや、Fetch as Googleで失敗してしまうような症状が挙げられていました。ただ、書き込みを見ていると「問題なし」という人もいるので、どういう理屈になっているのか良くわかりません。

FC2については、私も雑談ブログ(1ヶ月1回更新くらいの頻度で中身も適当)を1つ持っていまして、そちらのクロール履歴を見たところ確かに6/17に投稿した分の反映はありませんでした。本当におっさんの独り言のようなブログなので、クロールされないなら別に良いや、とも思うのですが、一応サテライトサイトまがいな用途にも使っているので、できれば改善された方が望ましいです。

しかし、一体どうしてこのようなことになっているのでしょうか?

個人的な全く根拠のない推測ですが、Googleが違法コンテンツを要するサイトに対して縛りを入れ出しているのではないか、とも勘ぐっています。

FC2は掲載可能なコンテンツの幅が広く、アダルト用途でもよく利用されています。アダルト画像系サイトなどは大体がFC2ですよね。しかし、掲載されているコンテンツは明らかに著作権の了解なしにどこかから取ってきたようなものばかりです。「著作権侵害を助長するものではなく、問題がある場合はメールでご連絡下さい」みたいな言い訳を書いているサイトも多いですが、まあそんな問い合わせはこないだろう、と考えているでしょう。

加えて、海外のサーバーなので無修正画像も置きまくりで、しかしそれを見ているのはほとんど日本人、というある意味とんでもない現状があったりします。

こんな感じでやりたい放題でしたので、Google側が意図的にブロックをかけたのではないでしょうか。

まあ、こんなことを書いていて数日後には全回復したらすいません。あくまで、予測です。

しかしまあ、違法コンテンツに関する制限は今後確実に厳しくなると思います。

今回の件とは直接関係ありませんが、また、最近アダルトレンタルサーバーの「アスリア」「アダルトレンタルサーバーアクア」がサービス停止を発表しました。あまりに突然すぎるし時期が同期していることから、当局から一斉指導が入ったものと思われます。

ここでポイントなのは、アスリアはサーバーが国内なのでまあ仕方なし、と思うのですが、アクアはサーバーは米国にあるという点です。日本だけで指導したのならアクアは対象にならないはずです。ということを考えると、日米で連携して一斉に対応に動いたのか? ということも推察できなくもありません。もしかすると、その一連の行動にGoogleも関与しているのでしょうか?

真相は分かりませんが、色々な動きがあるので、もしかするとインターネットコンテンツに関する転換期がきているのかも知れません。

サイト運営者としては、

  • 著作権を遵守する
  • 違法な行為は避ける
  • 健全なコンテンツにシフトする

という点を考慮してサイトを作るよう心掛けた方が良いと思います。少しでも後ろめたいことをしていると、どこかのタイミングで潰されるでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です