Google Webマスターツールに「手動による対策」機能が実装

首記の機能が実装され、色々と話題になっていますね。

私も早速使ってみましたが、全てのサイトで「手動によるウェブスパム対策は見つかりませんでした。」となっており、特にスパム判定を受けたものはありません。

基本的によほど悪質なことをしていなければ手動対策されることはないのかなぁと思っています。恐らく、メインサイトでこれを食らうことはほぼないでしょう。バックリンクサイトなどだと、スパム判定される可能性は高そうですね。

ただ、私の手持ちのサイトはスパム判定されていなくても最近になって検索順位がかなり下がってきたサイトがあります。

更新も全くしていないわけではなく、月2回程度はやっているのですが、ひどい落ちようです。

それらのサイトはいわゆるアフィリエイト目的のサイトですが、外部リンクはほぼ出していません。それでも検索順位はどんどん落ちています。

ということで、スパム判定を受けていなくても、サイトのボリュームやオリジナル性が低かったり、バックリンクがついていないと検索順位は落ちますので、あまり安心はできませんね。

特にオリジナル性は大変重要で、他のサイトと似たような構成になっていると一気に順位を下げられる気が最近しています。そういったサイトはユーザも直帰しやすいですし、訪問別ページビューや平均滞在時間も低くなりがちなので、一度検索上位に出ても、一定の期間が過ぎると、100位くらい、ひどい時は圏外まで飛ばされる傾向があります。

体感的に検索上位に出て3ヶ月くらい上位にいて、直帰率と新規訪問の割合が高く、訪問別ページビュー・平均滞在時間が低い場合はその一気に圏外に落とされると感じています。

話がそれましたが…

スパム判定されていなくても、コンテンツの質・量が充実していないサイトはいずれ消されるので、サイトを作るなら必死にやらないとダメです。

特に、SEO対策でバックリンクをいくらつけても内容がイマイチだとほとんど意味がないと思います。

運営するサイトの数は絞り、自分がオリジナルの記事を書け、ずっと更新していけるもののみにした方が、最終的に効率が良いでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です