日本語ドメインのSEO効果は弱くなっている?

ドメインに上位表示したいキーワードを入れた日本語ドメインはSEO的に効果があり上位表示されやすいといわれてきました。

実際にその通りで、ペラページや数ページくらいしか書いていないランキングサイトなどでも検索順位1位に上がってきていることが多かったです。

ただ、最近はこの傾向が少し変わっているように思います。

依然として、日本語ドメインは上位にはいるのですが、明らかに品質の低いサイトの順位は下げられていたり、新規で作っても上がってきにくくなっているように思います。

私個人は日本語ドメインがあまり好きではありません。

理由は、コピーして貼り付けにくい、かっこ悪い、などの瑣末なものなのですが、これまでは徹底して英文字のドメインしか取得してきませんでした。

また、明らかに金稼ぎのアフィリエイターが中身のないサイトを作って日本語ドメインで上位表示してこようとするため、そういったやり方への嫌悪感もあり、日本語ドメインを使ってきませんでした。

後者に限っては、Googleの願いに反する部分であるため、アルゴリズムの中で対策をしてきたのではないかぁと思います。

質のよいサイトは残り続けるでしょうが、日本語ドメインに頼っているサイトは今後どんどん順位を下げていくでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です