livedoor Blogのブログパトロールとは 違反行為はコンテンツ全削除

世の中には無料のブログサービスが沢山あります。例えば、FC2、livedoor、seesaa、忍者などですね。

無料ブログを健全に使っている人には特に問題ありませんが、少しグレーな使い方をすると運営側から警告がくることがあります。

例えば、私の友人の例ですが、livedoorブログで知人のちょっとふざけた写真や街中で撮った写真を載せて公開していました。

その写真には被写体の顔は写っていないのですが、少し際どいショットも多く見られました。また、見方によっては盗撮したような写真にも見えかねないもののありました。

サイトの内容は写真 + 彼の独り言、くらいの内容であり、アクセス数も限りなく0に近いものでした。

そして、途中で飽きてしまった彼はブログを半年くらい放置していたのですが…

そんな彼にある時以下のようなメールがきました。

お客様
平素はlivedoor Blogをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
LINE株式会社 livedoor Blog パトロールです。
今回、お客様にご連絡いたしましたのは、
お客様のブログに掲載されている内容について、
ご修正いただくことをお伝えするためです。
お客様のブログに掲載されている
http://xxx01
http://xxx02
につきましては、
他者のプライバシーを侵害または侵害するおそれのあると思われる画像、動画の掲載
に該当いたします。
こちら、上記でご指摘しました部分以外の掲載も含め
全記事に対し
—————————————–
他者のプライバシーを侵害または侵害するおそれのあると思われる画像、動画の取り下げ
—————————————–
こちらの対応を2013年X月XX日までに行なって下さい。
もし、期日までに対応が行われない場合、ブログの停止をさせていただく場合もございますのでご了承下さい

ブログパトロールという方からの警告でした。

これは一例ですが、最近の無料ブログは運営側がけっこう厳しく取り締まっているように見えます。

FC2や忍者などでは、違反していると思わしきブログを警告なしに消したり、サテライトサイトを全削除してくる、といった事例も報告されています。

「そんなことするからだ」という言葉で片付いてしまえなくもないですが、コンテンツをいきなり消失する恐れのある無料ブログはやはりリスクが高い。と感じました。

ただ、ことサテライトサイト、という観点では、IP分散が容易に出来るため無料ブログは重宝されます。

今後無料ブログを使っていく上では、

  • いきなりコンテンツが消えるリスクを許容する
  • 健全な利用にとどめる

ことをきちんと守っていく必要があります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です