バックリンクサイトにより検索順位が上昇する理由と運用方法

色々と調べていると、バックリンクサイトというものがあるそうです。

言葉だけ見ると何のこっちゃと思いましたが、要はメインサイトに対してリンクを貼るためのサイトらしいです。

そんなことをして何になるのかと思いましたが、どうやら他のサイトからリンクを貼られると、受け手の評価が上がるようですね。

これは、論文の理論に似ています。

例えば、研究会や論文誌の原稿を書く際に、参考文献をリファーすると思います。良い文献を探す場合は、Siteseerなどで調べましたが、これは他の文献から引用されている件数が併記されます。私たちは参考文献を選ぶ時、この引用数を見て善し悪しを判断します。これと同じロジックが検索エンジンにも実装されているということですね。

確かに、Googleで参考文献を探した際も、うまい具合に引用数の多いものが上位にきていました。それを考えると、論文リファー方式が採用されていることも納得がいきますね。

逆に言うと、自分のサイトからリンクを送る、いわゆる自作自演でも順位が上げれることになります。これを行うためのサイトをバックリンクサイトというわけですね。これを山ほど作ってそこからリンクを送ってやれば、上位表示できてしまうというわけですね。リンク販売という商売もあるようですから、需要があるんでしょう。

ただ、こういった自作自演リンクは今後取り締まられるそうですね。

事実、現段階でも不自然なリンクがついていると、Googleに見破られて無効化されるそうです。一体、どうやって見破っているのか不思議ですが、いずれにせよ露骨なリンク付は避けた方が良さそうです。

もちろん、自サイトからのリンクがNGだ、と決して言っているわけではなく、必要性があったりそれが自然なリンクであれば問題ないようです。

例えば、自分で複数サイトを運営していたりすると、ユーザに紹介したくなるのでリンクで繋ぎますよね。そういったものはごく自然なので問題ないです。

ただ、明らかにこれはリンク供給目的だろう、と思われるサイトからリンクを受けているとまずいようです。

リンク供給目的かどうかの判断は、やはりサイトの質になるんじゃないでしょうか。どっかからパクったような記事を羅列したサイトと繋いでいると、Googleに睨まれてリンクは無効化されると思います。

纏めると、良質なサイトをバックリンクサイトとして使うなら効果がありますが、微妙なサイトを作ってもそれほど効果は得られないということです。
ゴミリンクは幾らつけてもゴミということですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です