アフィリエイトサイトにはどれくらいの記事数が必要か?

現在、脱サラに向けてサイト作成計画を立ててます。

テーマは幾つか思いついたのですが、取り上げる内容によって作れる記事数に差が出そうですね。

良く知っている分野で最新情報もどんどん集めることができる分野は数百記事書けそうですが、全然知らない分野は30記事くらいで限界がきそうです。

継続的に収益を上げるサイトに仕上げるにはいったいどれくらいの規模が必要なのでしょうか。

このへんは人によって結構意見が分かれておりますが、

あれこれ話を聞いたり見ていると、

  • 巨大規模サイトの定義:300記事くらい
  • 大規模サイトの定義:100記事くらい
  • 中規模サイトの定義:50記事くらい
  • 小規模サイトの定義:20記事くらい

が該当するイメージですね。

300記事程度、質の良い記事(しょうもない記事では無意味)を書いて公開しておくとかなり安泰だそうです。

コンテンツ重視の本気なアフィリエイターさんは、半年くらいかけてこういったサイトを作っていますね。

選択と集中で一本に注力して狙いに行く姿勢はすごいですね。

中規模~大規模はまあ頑張れば何とかなりそうですね。

はてなブックマークやツイッターで拡散されつつ上位にきているサイトは大体これくらいのボリュームを持っていますね。

労力と売り上げのバランスは一番良いように思います。

小規模サイトはお金の匂いがするキーワードで検索すると一番良く見かけますが、大体のサイトはどこかで見たようなテンプレートとどこかで読んだような文言が並んでいるため、アフィリエイト臭がぷんぷんし、同業者が見てもかなり抵抗があります。いわんや、一般ユーザが簡単に気にいるとはとても思えませんね。

私は正直、いきなり記事を300も書ける自信がありませんし、そこまでやって外した場合に本当にやりきれません。

そのキーワードで当たるかどうかも分かりませんし、勢い勇んでサイトを作ったけど全然希望したキーワードで集客できなかったり、上位に出れなかった場合は目も当たられません。

基本的に「これだ!」と思って資源を一点集中するのはリスク分散的に得策ではありません。

よって、基本的にはサイトを色々な切り口で複数作成して、最初は小規模サイト程度の規模で揃えます。

それから数カ月程度様子を見て、狙った検索ワードで上がってきているサイトはそのまま中規模サイトの規模を目指して育てていきます。

狙ったワードで検索されない、どうにも上がりが重い場合はそのまま放置しておきます。

上がらなかったサイトはもう数カ月くらいたってから、記事を1、2記事足してみてそれでも上がらなければバックリンクサイトに降格する。

中規模に育てたサイトはその後、それなりの実際に売り上げがたちそうなら大規模~巨大サイトへと育てていく。

こんな感じで良いのではないでしょうか。

ということで、しばらくは小規模サイトを量産しながら様子をみていくことにしました。さてさて、どうなることでしょうか…

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です