サイトレビューアーという役割

私はアフィリエイトを一人でやっています。

中には法人化され運営されている方もいらっしゃると思いますし、法人化までとは言わなくても複数人で協力してやっておられる方も多いと思います。

アフィリエイトは一人でやっていると色々とデメリットを感じます。

  1. 単純に作業が多い
  2. ネタの幅が狭まる
  3. 客観的な意見が聞けない

特に3.は結構致命的だと思っていまして、例えば、「こんなサイトを作ればユーザも喜んでくれるはず」と思ってサイトを作ってみても、客観的に見て全然いけてない場合があります。

よくよく考えると明らかに駄目なことでも、指摘がなければ全く気付かずやってしまう。一人でやっているとこんなことがしょっちゅう起こります。

しょっちゅう起こるようではもはや才能ゼロなのかもしれませんが、例えそうであっても、そこに第3者の意見を取り入れることで、改善される見込みがあります。

このような背景もあり、最近はサイトレビューをお願いするようになりました。

お願いしたのは家族です。

私は両親と妹と同居していますが、父親はITに疎いので省くとして、母親と妹にサイトを見せて、

  1. どう思うか
  2. しっくりこない部分はどこか
  3. どう直したら良いと思うか

意見を聞くことにしました。

予想はしていましたが、実際に確認してみると改善点が出るわ出るわ…

凹む、とまではいきませんが、かなりいけてなかったことに気づかされました。

女性にヒアリングすると、特に画像を用いた見せ方に関する意見が多く得られます。

女性は画像がないと動かない、と言われるくらい画像を重視します。どんなものをどこに貼れば良いか色々と意見を聞いてみました。

コメントを貰って反映を行った結果、大分マシにはなりましたが、「やっぱりプロのサイトに比べると大分劣るねー」、と言われました。

ロゴやバナーの部分だけでももっと見栄えをよくした方が良い、と言われましたので、ある程度資金が出来てきたらここは外注しようかなと考えだしました。

ガチのデザイナーに依頼すると高額料金を取られるので、ちょっとスキルの高い素人さんを募集してみることを考えています。

募集の仕方ですが、意外と受け手が見つかるのはmixiのコミュニティです。

相当の額で募集していることがほとんどですが、「質はそれほど問わないので安価でお願いします!」と頭を下げまくっていれば、そのうち安い値段で請け負ってくれる人が現れるかも知れません。

このように、サイトを客観的にレビューしてもらうことはとても重要な気づきが得られます。

ネットサーフィンをしていると、文章、サイトの作り共に明らかに違和感があるアフィリエイトサイトがごろごろしています。サイトレビューを繰り返し内容を改善した結果、その中で何か1つ飛びぬけてくると集客能力が一気に上がるのではないでしょうか。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です