バックリンクサイトの記事の質について

SEO対策の一環として、バックリンクサイトをたくさん作っておられる方は大勢いらっしゃると思います。

ペンギン・パンダアップデートで内容の薄いサイト/サイトから発せられるリンクの評価は下げられつつあるものの、何だかんだでクローラーの通り道になりますし、アルゴリズム的にバックリンクの効果が無視されることはないため、依然としてその重要性は変わりません。

ただ、やはりバックリンクサイトの質自体が厳しく問われるようになっているので、短い文章の記事を1~5個くらい書いてサイトを作り放置しておく、というような方法ではそこから発せられるリンクの効果もほとんどないように思います。

よって、ある程度普通の人が見て違和感を覚えないレベルのサイトに仕上げてやり、定期的に記事を更新していくことが必要だと思っています。また、バックリンクサイト自体にも被リンクが付いていた方が良いでしょう。

以上のような理由から、私はバックリンクサイトを作る場合は、最初に5記事程度仕込んでやり、月1回程度で更新していくようにしています。なお、記事の文章は500~1,000文字程度になるよう心がけています。

月1更新ではちょっと厳しい気もしますが、頻度を保つことが困難なため「最低限」という意図でこれくらいのスパンにしています。

そう、ちょうどこのサイトの更新頻度がそれですよね。一応、このサイトもバックリンクサイトの役割を与えています。

現時点でバックリンクサイトの役割を与え、私自身が更新しているサイトの数は10になります。一応、自分の幾つかある趣味の話を書いているので、コンテンツはオリジナルですし、バックリンクサイト間で内容の重複はありません。

ただ、正直サイトの数は10では足りません。メインサイトに月5本はリンクジュースを送りたいのですが、ある程度分散させつつ自然にリンクを出していいくためには、30くらいは必要だと思っています。

正直、30でも本気の人に比べると全く持って不足しています。ただ、私は個人でやって月収20万程度を得ることを目標にしているので、それくらいあれば良いだろうと思っています。
ということで、残り20サイト分を書いてくれる人を何とか調達しなければなりません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です