ペンギン・アップデートが5/22にあったそうですね

Googleさんによるペンギンアップデートが2013年5月22日にあったそうですね。

私はまあこのあたりについて語れるようなアフィリエイターでは全くなくて、

そもそも何でペンギンなんですか? ハトでも良いじゃないですか。

とかそういったレベルです。なので、何をしているとどうなるかイメージがわき難いのですが、とりあえず何となく理解しているのは、

強引なSEO対策をやっていると検索順位が落ちる

という認識です。

私はサイト間のリンクは一応気を付けるようにしていて、自分が保持するサイト内ではトポロジがネット型にならないように気を付けています。基本的にはバックリンクサイト同士も相互にリンクせず、かつバックリンクサイトからメインサイトへは一方向のリンクを単発で出すのみにしています(サイドメニューからのリンク設定などもほとんどやっていません)。

あとは、とにかくコンテンツ志向で、メインサイトの記事は1000文字を超えるように設定しています。まあ、その分書ける記事数は減るんですが、すぐに高収益をあげる必要はありませんし、地道にやってれば数年後には十分な蓄積になるだろう、くらいの余裕を持ってやっています。

自分で言うのもなんですが、かなりホワイトな流れにしていると思います。

そのせいあってから、今回のアップデートでは特に問題はありませんでした。

むしろ、マメに記事を更新しているサイトはアクセス数が増えてきています。と言っても、運営を初めて3ヶ月の1日30UUくらいだったサイトが100UUになっているとかその程度の話ですけれど。まあ、今回はGoogleさんから見て良いサイト運営をしている、と認識されたのでしょう。

ただ、今後も連続でアップデートが入るそうですので、そこでこける可能性は十分にあります。

個人的には割と役にたちそうな記事を書いていると思っています。ただ、直帰率の高さが目立つので、後はサイトデザインやコンテンツの整理能力をきちんとつけてやれば、ユーザに支持されるサイトが少しずつ完成していくのではないか、と思っています。

多少順位は振動するかと思いますが、後ろめたいことをしていなければ(もしくはしていてもそれが良心的な範囲であれば)問題ないのでは、と推測します。引き続き、ペンギンアップデートについては注視していこうとは思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です